読み込み中…

ジェイ・グループが取り組むFinTech事業

 当グループは2015年よりブロックチェーン技術を研究し始めました。その目的は、取引および決済の透明化、そして利便性向上のためです。ブロックチェーン技術はそれを可能にします。ジェイ・グループの更なる発展には、リアルタイムの取引と決済サービスを可能にする決済プラットフォームの構築が必要であると解し、株式会社ジェイ・グループを設立致しました。

 当グループは、ワールドコンピューティングシステム『イーサリアム』と、その一連のテクノロジーの拡張性および可能性を、Enterprise Ethereum Alliance(EEA)と同様に強く信じております。数あるブロックチェーンの中でもイーサリアムの技術を使用することにより、信用・信頼が深まり、さらにはこれまでにない利便性を持つ決済、送金、管理、商品購入、サービス提供が可能になると確信しております。

 そして株式会社ジェイ・グループが開発するJBcoinECサイト型HDウォレットは、ユーザーが容易にアクセスでき、ECサイト内にて即時決済を可能にします。すなわちユーザーにおいても、提携店においても双方に非常に大きなメリットがある仕組みとなります。
このJBcoinECサイト型HDウォレットは、イーサリアムブロックチェーン内において、提携実店舗における商品販売、サービス提供でも迅速確実な決済を実現します。

 JBcoin保有者はJBcoinで商品購入、サービス提供を受けることができ、提携店舗はJBcoin購入者から利益を得ることができます。
さらにはJBCoinを決済に使用することで、国に関係なく安価な手数料で即時決済を実現できます。
しいては企業、地域産業はJBCoinにより消費の促進、購買の上昇が見込め、産業の活性化も期待されます。
受け取ったJBcoinは、その国の取引所で法定通貨と交換できるよう既存の取引所や自社インフラを順次構築していきます。

 現在、暗号通貨の取引所は世界各国に構築されつつあります。しかし中国のように暗号通貨と法定通貨の交換が禁止されているような国もあります。
しかし、そのような状況下でも中国で代表される取引所OKEXが新たに始めた、CtoCによる暗号通貨から法定通貨への交換プラットフォームの整備など、暗号通貨の取引はもはや止めることができない状況となっております。

 最新の暗号通貨取引所においては中央集権からの脱却が進んでおり、取引における通貨のデポジットですらブロックチェーン内にて公平・公正に行われるような取引所が登場しつつあります。
暗号通貨取引所も非中央集権化することで、安全かつ無料に近い手数料で取引されるようになる未来を想定しております。

 株式会社ジェイ・グループは世界中で起こっているFinTech革命の発展と共に、世界のJBcoinユーザーとJBcoin提携店の商品、サービス流通を促進させ、産業を活性化させていくことを実現していきます。

株式会社ジェイ・グループ 代表 菅原 淳司